• ホーム
  • クラビットにもジェネリック医薬品がある?

クラビットにもジェネリック医薬品がある?

携帯電話を見る女性

クラビットは、ニューキノロン系と呼ばれる種類の抗生物質に位置し、その広い抗菌スペクトルにより広く用いられている抗生物質の代表格であると言えます。
さまざまな疾患の治療に用いられることで知られるクラビットですが、やや高額であるという特徴があります。

現在では、クラビットにもジェネリック医薬品が存在します。
クラビットの一般名はレボフロキサシンという名前であり、複数のメーカーからジェネリック医薬品が販売されています。
ジェネリック医薬品は先発品と有効成分が同じであり、臨床試験が不要となる部分も多いため国の定める薬価が低く設定され、同じ薬を安価に利用するために効果的であると言われています。

メーカーの違いにより、錠剤の見た目や大きさなどは変わる場合がありますが、中でもレボクインはコスパが高いのでおすすめです。
また、クラビットも、他の医薬品と同様にジェネリック医薬品が既に頻繁に用いられている状況にあります。
しかし、ジェネリック医薬品はその発売前において、先発品と溶け方、あるいは体に入った後の効き方が同じである、という「生物学的同等性」を評価されます。
これらの試験は複数存在し、先発品とこれらのデータがある範囲内にあるもののみが「先発品と同じ効き方をする」という評価をされ、販売に至ることになります。

そのため、市場に出回るジェネリック医薬品は先発品と同様の効き目があるという試験をクリアしていることになりますが、実際にはその使用にあたり、効果の違いを実感してしまうという場合もあります。
例えば先発品だと効果があったのにジェネリック医薬品で効果が見られない、というような場合ですが、逆の場合もありその原因を突き止めることは難しい場合が多いと言えます。

関連記事