• ホーム
  • おりものが増え臭いがしたら注意しクラビットの活用を

おりものが増え臭いがしたら注意しクラビットの活用を

クラビットはクラミジアなどの性感染症の治療に役立つ薬です。
クラミジアは日本で感染者が一番多いと言われるほどの性感染症であるにも関わらず、感染しても自覚症状が少ないため、感染したことに気付かないままパートナーに感染させてしまうことが多いとされています。
ではクラミジアの症状として注意をしなけらばならないものを確認してみましょう。

女性の場合はおりものが増え異変を感じるような臭い、不正出血があります。
女性は子宮頚管にクラミジアが感染してしまうので、放っておくと卵管炎を引き起こし最悪の状態では不妊症の原因になることもあるので注意が必要です。
また性交渉の過程によっては咽頭クラミジアを発症する可能性もあります。
男性の場合は排尿の際に軽い痛みや陰部の不快感などがありますが、症状が出ないこともあります。
そのため男性は女性よりもクラミジアに感染したことに気付きにくく、女性側がおりものの臭いなどに注意する必要があるかもしれません。

本来ならば医療機関でクラミジアの治療を行うのが良いのですが、思い当たる節があるが恥ずかしくていけない、という場合はクラビットを活用する方法もあります。
クラミジアは感染したことに気付きにくいにも関わらず、完治させないとパートナーと感染しあうことのある厄介な性感染症です。
まずはクラビットによる治療を先決し、完治を目指す必要があります。
またクラビットはクラミジア以外にも扁桃炎、気管支炎の様な呼吸器系の病気の治療や二次感染の予防、腎盂炎や膀胱炎、副鼻腔炎、中耳炎など、多くの治療にも使われる抗生物質でもあります。
他の薬との飲み合わせはありますが、何かのための常備薬としても役立つことが出来るでしょう。

関連記事